News
ニュース

2019 セイジ・オザワ 松本フェスティバル公式プログラム発表!

2019omf-syutsuen-2.jpg

 28回目の開催となる2019セイジ・オザワ 松本フェスティバルの公式プログラムを発表いたします。サイトウ・キネン・オーケストラ(SKO)が今年タッグを組むのは、フェスティバル通算5回目の出演となる名指揮者 ファビオ・ルイージ氏。SKOと松本でこれだけ再演を重ねているのは、小澤征爾総監督に次いで彼だけであり、オーケストラとの絆は回を重ねるたびに強くなっています。オーケストラ公演では、2008年に小澤xSKOが名演を繰り広げたマーラーの「巨人」と、フェスティバルでは初となる作曲家フランツ・シュミットの交響曲 第4番に挑みます。また今回はオーケストラコンサートだけでなく、オペラ公演でも指揮。合計4回、松本で指揮台に立ちます。

 もう一つのオーケストラ公演で指揮を務めるのは、昨年も松本で喝采を浴びたディエゴ・マテウス氏。2018年12月のドイツ・グラモフォン創立120周年SPECIAL GALA CONCERTでもSKOと共演を果たしたベネズエラ出身の気鋭指揮者は、同じラテン・アメリカのメキシコ人作曲家レブエルタスの「センセマヤ」をプログラム冒頭に選び、モーツァルトの「ハフナー」と、チャイコフスキーの「悲愴」を取り上げます。過去にSKOとは、チャイコフスキーのシンフォニーを2011年(第4番)と2018年(第5番)に熱演しているだけに、チャイコフスキー最後の大作と称される第6番には、期待が高まります。

 オペラでは、サイトウ・キネン・オーケストラが実に4年ぶりにオーケストラピットに入ります。世界的に人気の演出家ロバート・カーセンが、ニューヨーク メトロポリタン歌劇場で初演したチャイコフスキー:エフゲニー・オネーギンを松本でお届けできることに、いまから指揮者、オーケストラ一同楽しみにしています。

 今年、新たに加わる目玉公演は、オーケストラ コンサート“ピーターと狼。小澤総監督もかつて指揮・ナレーションを務めたことがある“音楽物語”を、《フィガロの結婚》序曲マ・メール・ロワといったオーケストラの名曲とともにお贈りします。指揮は、これがフェスティバル指揮者デビューとなる、世界的ホルン奏者であり誰よりも仲間(SKO)のことを熟知しているラデク・バボラーク氏。そして、いま人気絶頂の俳優ムロツヨシさんの語りにより上演します。スロヴァキア在住の絵本作家 降矢ななさんの絵による、舞台演出にもご注目。ご家族そろってお楽しみ頂けるプログラムです。

 今年のOMF室内楽勉強会は、10年ぶりに歌手とピアニストのためのリートデュオの勉強会が復活。白井光子氏を講師に迎え、ドイツ歌曲を中心に、奥志賀高原での合宿・レッスンの成果を発表会にて披露します。

 質の高い室内楽をそろえた、ふれあいコンサートも3公演を予定。ふれあいコンサートIでは、昨年の公演で万雷の拍手を受けた、小澤総監督の教育理念の結晶とも言うべき小澤征爾スイス国際アカデミーが再び来日。ヨーロッパでの難関オーディションを経てアカデミーに初参加する、将来を嘱望される若手や、今や世界各地でソリストやコンサートマスターとして活躍するシニアメンバーが弦楽四重奏を披露します。弦楽合奏では、奥志賀の勉強会のOBメンバーも加わります。管楽器のハーモニーを存分にお楽しみ頂けるふれあいコンサートIIでは、SKO管楽器の中核を成す名手揃いのオーボエセクションが念願のトリオを松本で披露。また、SKOに1990年から参加しており、故齋藤秀雄先生の指揮での演奏経験も多く、ソリストを務めた経歴も持つ、和波孝禧さんを中心としたブラームスの六重奏は、ふれあいコンサートIIIでの必聴プログラムです。

 今年も彩色に富んだ豊かなプログラムで、松本の夏を彩ってまいります。皆様のご来場をお待ちしております。


当初予定しておりました、小澤征爾総監督と内田光子さんの共演プログラムは、総監督の昨今の体力を考慮した結果、公演を見送ることとなりました。楽しみにして頂いたお客様には、大変申し訳ありません。昨年は松本入りが叶わなかった総監督ですが、今年は松本に滞在し、オーケストラ コンサート、オペラ、室内楽の公演、教育プログラム、オープンイベントなど、すべての公演を監督することに意欲を燃やし、また、松本の皆様とお客様にお会いできるのを楽しみにしています。

2019年 OMF室内楽勉強会 ~歌手とピアニストによるリートデュオ~ 募集要項


リート勉強会写真1 リート勉強会写真2 リート勉強会写真3 リート勉強会写真4
©Michiharu Okubo / 2009年「サイトウ・キネン室内楽勉強会」(声楽/ピアノ)より

セイジ・オザワ 松本フェスティバルでは、小澤征爾総監督の理念のひとつでもある若い音楽家の育成に力を注ぎ、大きな成果を挙げております。
本年は白井光子氏を講師に招き、2009年以来となる、歌手とピアニストのための「リートデュオ」の勉強会を奥志賀高原にて行います。合宿形式にて約1週間に渡り徹底したレッスン、マスタークラスを行うとともに、実践の場として奥志賀高原と松本市にて2回の発表会を行うことによって、その成果を披露いたします。
つきましては、下記の通り、勉強会の開催とオーディションについて、お知らせ致します。

受講期間 2019年8月8日(木)〜8月17日(土)
場所 長野県奥志賀高原:スポーツハイム/奥志賀高原ホテル森の音楽堂
長野県松本市:松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)
内容 1)リート(ドイツ歌曲)デュオのレッスン、日本歌曲も取り上げる予定です。
2)参加メンバーによる発表会2公演(8/15 奥志賀高原、8/17 松本市)
講師 白井 光子(メゾソプラノ/カールスルーエ音楽大学教授、国立音楽大学招聘教授)
白井光子
© Masanori Hotta
参加費用 長野駅までの往路および松本駅からの復路交通費は自己負担。
(海外からの受講の場合は、渡航費の補助がございますので、別途ご相談下さい。)
受講に関する費用および宿泊・食事等の費用は当フェスティバルが負担します。
募集人数 リートデュオ6組(歌手とピアニスト計12名)程度を予定。
応募条件 2019年4月1日現在で35歳以下。音楽大学。大学院・専門学校に在学または卒業しているか、それに準ずる能力を有する方。デュオでの応募を基本としますが、歌手のみ、またはピアニストのみでの受講をご希望の場合は、別途ご相談下さい。
選考日程 2019年5月13日(月)午前から17:00頃までを予定。
選考会場 練馬文化センター 小ホール(つつじホール) 練馬駅より徒歩1分
課題曲 自由曲(ドイツ歌曲)3曲。1組10分程度を予定。
応募方法

申込書に必要事項を記入し2019年5月6日(月)必着で郵送またはメール添付にてお送り下さい。

申込書 申込書PDFダウンロード
応募締切 2019年5月6日(月)
申込送付 〒157-0066 東京都世田谷区成城5-8-17フォーレスト成城3F
セイジ・オザワ 松本フェスティバルオーディション係
お問合せ E-mail: omftokyo@ozawa-festival.com

SK松本松本合唱団 メンバー募集中!

セイジ・オザワ 松本フェスティバルの名物オープンイベント お城deハーモニーなど、歓迎演奏会に例年出演して下さっているSK松本合唱団の団員募集が始まりました!

高校生以上の男女計200名を、オーディションを通じて募集。
フェスティバル開幕当初から続いている合唱団は、月2回ほど、週末に松本市内で開催開催される練習に参加できることが条件で、参加経費は月1000円(高校生500円、楽譜代などは別途徴収)。

SK松本合唱団 団員募集
年齢:高校生以上(高校生は保護者の承諾が必要)

オーディション:(2回開催)
3月9日(土)松本市音楽文化ホール(ザ・ハーモニーホール)
3月17日(日)キッセイ文化ホール
課題曲10曲の中から1曲を選択し、調を指定して歌う。

参加方法:
松本市音楽文化ホール、キッセイ文化ホール、まつもと市民芸術館、市国際音楽祭推進課に備えてある応募用紙に記入し、OMF実行委員会事務局に持参、FAXもしくはご郵送して下さい。
持参・郵送先:〒390-0874 松本市大手3-8-13 3F OMF実行委員会事務局
FAX送信先:0263-34-3290
締切り:2月22日午後5時必着。

応募用紙は郵送・FAXでの入手も可能です。
問合せ先:0263-39-0001

SKGassho.jpg

SKOブラス・アンサンブル ツアー閉幕!次は夏にお会いしましょう!

_0K87575_small_credit.jpg

まさに”神”の音色を全国7都市で響き渡らせたサイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル、ツアー最終日の東京公演は、満席を持って終了しました! 
「良いお客さんだね」と嬉しそうなメンバーは、プログラム8曲+アンコール2曲を目いっぱい演奏。
アンコールでお届けしたのは、前回のツアーで好評だった「ホール・ニュー・ワールド」と、ブラスらしい朗らかな音色が楽しい「バードランド」。
お客様の熱い拍手にメンバーは何度もこたえ、最後はフェスティバルカラーのブルーに染まったバラを胸にさし、ステージを後にしました。


2年ぶりとなった今回のSKOブラス・アンサンブルツアー。各会場にご来場頂いた皆様、そして公演を成立させて下さった関係者の皆様、本当にどうもありがとうございました!
次は夏に、松本でお会いしましょう!!

_0K87262_small_credit.jpg

_0K87634_small_credit.jpg

SKOブラス・アンサンブルいわき公演ありがとうございました!

2019-01-30 20 57 16_credit.jpg

福島県いわき市にあるアリオスホールで今夜開催された、サイトウ・キネン・オーケストラ ブラス・アンサンブル公演。
毎回違う土地・違う会場で演奏するのも、ツアーの醍醐味の一つ。アリオスホールさんでは、曲に合わせて照明の色を変えて頂く演出が! 
これまでの公演とは一味違った面白みが加わりました。寒空の中多くのお客様にご来場いただき、どうもありがとうございました!
そして開館10周年を迎えたアリオスホールさん、本当におめでとうございます!

ステージ裏には、メンバー全員のサインも!濃密な時間を過ごす12人のメンバーは、また日に日にその絆を深めています。
明日はついにツアー最終日、東京公演! 2019年ツアー公演最後のステージをお楽しみに!

2019-01-30 21 22 07_credit.jpg